YouTubeチャンネル登録10人でも月1万円稼ぐ方法

副業

YouTubeで収益をあげるのって難しそう、、

初心者が広告収入以外で稼ぐためにはどうしたらいいかな?

このような疑問にお答えしていきます。

YouTubeで収益をあげるというと、めちゃくちゃ難しい気がしますよね?

  • チャンネル登録者数1000人以上集めないといけない
  • 再生回数が1万回とかされないと稼げない

こんな感じでYouTubeで広告収入を得るハードルは高いです。

しかし、チャンネル登録者10人でも1万円/月稼ぐことができます。

実際、ぼく自身は現在チャンネル登録者8人ですが、YouTubeで月1万円の収益を得ています。

今回は、YouTubeで1万円稼ぐ仕組みと、稼ぐまでにやったことについて解説していきます。

それではさっそくいってみよう!




YouTubeで月1万円稼ぐ仕組み

まずはYouTubeで定期的に収益を得る仕組みについて解説していきます。

ぼくは広告収入ではなく、特定の人向けの専用動画の作成することで収益化しました。

つまりは↓のような流れです。

  1. お客さんのために動画を作成する
  2. YouTubeで一般公開する
  3. お客さんから報酬をもらう

どんな動画かと言うと、オンライン英会話のレッスン内容をまとめた復習用動画です。

ぼく自身、オンライン英会話の講師のしていて5人の生徒に週1でレッスンしているのですが、その生徒の1人から「レッスン動画が欲しい」と依頼がありました。

YouTubeは無料で見れるけど、レッスン内容をピンポイントで動画にしてくれるのは価値が高いから、1本2000円でもやって欲しいと言うリクエストでした。

なおかつ、どうせ動画を作るなら一般公開してみんな見れた方がいいよね!ということになりました。

あわよくばチャンネルに人気が出て広告収入が得られるかもしれないですからね(笑)

↓がぼくのYouTubeチャンネルなのでよかったらチャンネル登録お願いします^^

Koki's日常英会話チャンネル
使える英語と英語勉強法について発信しています♪ 【発信者のプロフィール】 ・大学時代4年間イギリスに在住 ・エネルギー大手→現在はITスタートアップ勤務 ・副業でオンライン英会話講師を1年間やってます

ぼくがYouTubeで月1万円稼いだ手順

ここからは、もう少し具体的にぼくがYouTube収益を得るまでの手順を解説していきます。

手順は以下の通りです。

  1. 副業オンライン英会話講師を始める
  2. レッスン数を重ねて信頼関係を作る
  3. レッスンの復習動画を売る

「英語ができないから英会話講師は無理だ」という方でも、「専用動画作成」というビジネスモデルは別のジャンルで転用できるので、ぜひ読んでいただければと思います。

順番に解説していくね!

副業でオンライン英会話講師を始める

副業に挑戦しようと思った時、もともと英語ができたので、英語を生かして副業できないかと考えていました。

ネイティブキャンプ講師になる

未経験からできる英語系の仕事はかなり少なかったのですが、いろいろ探してみると「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話スクールなら未経験OKだったので採用試験を受けて契約しました。

ネイティブキャンプ講師になる方法は以下の記事で解説しています!

【現役講師が暴露】ネイティブキャンプ講師になる方法
ネイティブキャンプの講師になる方法が知りたいですか?この記事では、副業として1年ネイティブキャンプ講師を続けたぼくが、講師になる方法と、ネイティブキャンプの内状について赤裸々に解説していきます。英語の副業探してる人は必見です。

ただ、ネイティブキャンプは未経験OKだけあって給料がべらぼうに安かったので(時給500円とか)、レッスン数をある程度経験して副業フリーランスになることにしました。

ココナラ で英会話講師になる

ネイティブキャンプで経験を積んだ後、ココナラ というクラウドソーシングサイトに登録して英会話サービスを販売しました。

ココナラについては以下の記事で解説しています!

ココナラは稼げる?シルバーランクの僕がメリット&デメリット解説
ココナラのメリット&デメリットが知りたいですか?この記事では、ココナラを使って1年間副業をしてきたぼくの経験をもとに、ココナラは稼げるのか?という点に関して解説していきます。副業に興味ある人は必見です。

ココナラでも何人かの方にサービスを定期的に購入していただくことができ、わりと順調に進んでいました。

ココナラ上では時給4000円まで単価をあげることができたので、ネイティブキャンプ時代の時給500円から大幅に上がりました。

ですが、ココナラには①手数料が25%も取られる②ココナラ以外でのやりとりができないという2つのデメリットがありました。

直接取引もはじめる

ココナラ以外で連絡取れないのは不便だよねということで、ココナラの生徒の1人と直接取引をすることになりました。

ちなみにココナラ上で直取引へ誘導したりするとアカウントが停止される可能性あります。ぼくがどうやったかはご想像にお任せします!

何人かの生徒はまだココナラでレッスンしているので、直取引のZOOMレッスンとココナラの両方で教えるという感じにしました。

レッスン数を重ねて信頼関係を作る

英会話レッスンが直接取引できるようになると、あとは自由なのでLINEで連絡して毎週1時間ZOOMでレッスンするという感じでした。

だんだん仲良くなって、オンライン飲み会もしました(笑)

こんな感じでレッスンを30回ぐらい重ねて、公私の両方で信頼関係を築いていきました。

レッスンの復習動画を売る

直接取引のZOOMレッスンをしていた生徒の1人がすごく勉強熱心で、ZOOMのチャット履歴を見ていつも復習してくれていました。

なので、「レッスン復習用の動画を作ったら役に立ちますか?」と聞いてみたところ「とても役に立ちます!」という反応でした。

そこから「いくらなら払ってもよいですか?」というような価格交渉になり、1本2000円で交渉成立となりました。

この生徒は社長さんなのでコストをかけても価値があるものは欲しい!というスタンスだったのもあると思います。




まとめ:初心者は専用動画作成は稼ぐ

ここまでで、ぼくがYouTubeで月1万円稼ぐまでにやったことについて解説してきました。

専用動画作成のポイントは以下の通りです。

  • 専用動画は普通のYouTubeと違い、痒いところに手が届く
  • 専用動画販売のためには信頼関係を築く必要がある
  • ある程度経済的余裕がある人に買われやすい

YouTubeで稼ぐ=広告収入のイメージがあると思いますが(ぼくもそうだった)、いろんな稼ぎ方があるんだなと学びました。

あと、動画作成のモチベーションとして不特定多数向けに作るよりも、特定のお客さん向けに作る方が楽しいしがんばれます。

この記事が少しでもみなさまの役にたてば幸いです!




この記事を書いた人
KOKI

大手コンサルファームで働く31歳。
経歴:新卒で日系大手インフラ6年勤務→ITベンチャーに転職して3ヶ月で退職→2021年夏からコンサルファーム。
過去の自分に向けて就職・転職・副業のアドバイスを発信します!
※詳しいプロフィールは名前のリンク↑↑をタップ!

KOKIをフォローする
副業
KOKI BLOG
タイトルとURLをコピーしました