ココナラで値上げするべき最適タイミングと値上げのコツを解説!

副業

ココナラへの出品方法が知りたいな。サービスのタイトルやサービス内容はどう書いたらいいんだろう?

このような疑問にお答えしていきます。

ココナラとはスキルマーケットシェアプレイスと呼ばれるオンラインプラットフォームで、自分の得意なものをサービスとして販売できます。

ぼく自身、副業としてココナラを利用しており、現在は「英語コーチ」として月に3万円ぐらいココナラで稼いでいます。

今回は、中級者・上級者向けにココナラで値上げする最適タイミングと、値上げのコツについて、わかりやすく解説していきます。

KOKI
KOKI

それではさっそくいってみよう!




ココナラとは?

ココナラはスキルマーケットと呼ばれ、自分のスキルに値段をつけて販売することができるプラットフォームサイトです。

ココナラでできることは例えば以下のようなことです。

  • プログラミングでWEBページ作成
  • 電話で恋愛の悩み相談
  • ビデオチャットを使って英会話レッスン

サービス提供の形式はテキスト、電話、ビデオチャットの3種類!

ココナラでの取引の流れは以下の通りです。

  1. 売りたい人はサービスを出品する
  2. 買いたい人は気に入ったサービスを買う(買う前にやり取りも可)
  3. 売る人と買う人で納期など詳細をチャットで調整
  4. サービスが納品される
  5. 手数料が引かれた代金が自動的に払われる

購入してから取引が始まるから、お金のトラブルは発生しにくいね

ココナラで値上げするべきタイミング

ココナラで値上げするべきタイミングは以下の通りです。

値上げのタイミング
✔️ 実績が積み上がったタイミング
✔️ 固定客が少ないタイミング
KOKI
KOKI

それぞれ解説していきます!

実績が積み上がったタイミング

実績が積み上がってきたら値上げを検討しましょう。

ココナラで最初にサービスを出品する時は、価格を低く設定することが多いと思います。

なぜなら、最初はサービスや出品者の実績が不足しているので信頼度が低く、安く設定しないと買われないからです。

したがって、実績が上がってくれば信頼度も上がるので適正価格に戻しても問題ありません

例えばぼく自身は最初に出品したサービスが「30分でオンライン英会話します」で、価格は500円/30分でしたが、以下のように値上げをすることに成功しました。

僕のサービスの値上げ歴史
500円/30分 販売実績 0~50件
1,000円/30分 販売実績 51~100件
2,000円/30分 販売実績 100~130件

イメージとしては販売実績が50件を超えたら適正価格(似たサービスについている価格)にしてOKで、100件を超えたら他サービスよりも高単価をつけても売れます。

ぼくもオンライン英会話の価格2,000円/30分は同様のサービスの中で一番高いですが、それでも月5件は売れています。

KOKI
KOKI

ココナラにおいて販売実績は最強の武器になります!

固定客が少ないタイミング

次に、固定客(リピーター)が少ないタイミングを狙って値上げするべきです。

継続して購入してくれる人が多いタイミングだと、値上げによって購入をストップされるリスクがあるからです。

例えばぼくのオンライン英会話サービスで言うと以下のイメージです。

1月 固定客 3人
2月 固定客 4人
3月 固定客 6人
4月 固定客 5人
5月 固定客 2人←このタイミングで値上げする

オンライン英会話だと「留学するまで英会話したい」とか「英検1級のスピーキングテスト対策したい」といった期限付き顧客がいるので、毎月固定客の数が変わります。

とは言ってもなかなか0になることはないので、少ないタイミングで値上げをしてきました。

KOKI
KOKI

値上げを伝えるのはストレスなので、できるだけ人数が少ない時にやりたいですよね、、!

ココナラで値上げする時のコツ

続いて、値上げする時のコツについて解説していきます。

ココナラで値上げするコツ
✔️ サービスに「+α」する
✔️ 資格を取る
✔️ サービスの説明を充実させる
KOKI
KOKI

順番に解説していきます!

サービスに「+α」する

1つ目は、単純に値上げをするのではなく、お得なサービスをプラスαするやり方です。

これの目的は、固定客が離れるのを阻止することです。

例えばぼくのオンライン英会話で言うと、以下のようなサービスを加えることができます。

オンライン英会話のプラスα
✔️ レッスン後に復習ノートを作成して送付
✔️ 1ヶ月に1回30分「学習相談」をサービス

みたいな感じです。

要するに、ちょっとサービス手厚くするから値上げしても離れないでね!というメッセージですね。

実際にぼく自身もこれらのサービスを追加することで、1000円→2000円への値上げの際にほとんどの顧客が逃げずに継続してくれました。

資格を取る

2つ目に、資格を取得することです。

これの目的は、権威性を上げてサービス・出品者の価値を高めることで、値上げをした後も購入されやすくすることです。

例えばぼくは、オンライン英会話を出品しているので「TOEIC900点」は持っていたのですが、英語講師系の資格がないなと思い「TESOL」という英語講師の国際的な資格を取得しました。

【家で完結!】TESOLを最短最安でオンライン取得する方法
英語講師の国際資格TESOLを簡単に取得する方法が知りたいですか?この記事では、副業でオンライン英会話をしているぼくが実際にTESOL取得した経験をもとに、低コストでTESOLを取る方法について解説しています。英語講師の方は必見です。

ココナラのユーザーはサービスの内容プロフィールの2つを見て、商品を買うかどうかを決めます。

特に、プロフィールを見てくれるユーザーは購入可能性が高いので、「ちょっと高いけどこの人からなら買ってみたい!」と思ってもらうために資格を取ってプロフィールを充実させることは重要です。

プロフィールの書き方は以下の記事で解説しています!

ココナラで売れるためのプロフィールはこうやって書く!
ココナラで売れるプロフィールの書き方が知りたいですか?この記事では、ぼく自身の経験を基に、ココナラで売れるためにプロフィールでおさえるべきことと具体的な書き方についてわかりやすく解説しています。ココナラ初心者は必見です!

サービスの説明を充実させる

値上げのタイミングでサービスの説明も見直しましょう。

初めて出品した時に書いた説明文のままになってませんか?

おそらく改めて読むと、「サービスの魅力が100%伝わってないな。。」と思うはずです。

サービス説明文を書くポイント
✔️ サービスの魅力がわかりやすく伝わる
✔️ 簡潔に箇条書きで書く

サービス文の具体的な書き方については以下の記事にて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

【テンプレあり】ココナラで初めてサービスを出品する方法とコツ
ココナラでサービスを出品する方法が知りたいですか?今回は、僕の2年間のココナラ経験を基に、初めてサービスを出品する方法と、売れるサービスにするためのコツについて、わかりやすく解説していきます。

まとめ:それでも離れる顧客は追わない

今回の記事では、ココナラで値上げするべき最適のタイミングと、値上げする時のコツについて解説してきました。

もう1つのアドバイスとしては、値上げで離れる顧客は追わないことです。

サービスの価値というものはいくつかあり、その中の「値段」を最重要視する人もいます。

そういう人に対して値上げを成功させることは至難の業なので、見切りをつけることが肝心です。

固定客が減るのは悲しいことですが、心配せずともあなたのサービス価値は順調に上がっているので、また新規で購入してくれる人が未来の固定客になっていきます。

ぼくのサービスも値上げをするたびに一部の固定客が入れ替わってきました。

値上げすることで、ターゲット層も微妙に変わってくるんですよね。

「固定客を維持する工夫はしつつ、深追いしない」難しいですが、この記事で言いたいのはこんなことでした!

あなたのココナラライフが充実するよう願っています!




この記事を書いた人
かみや

かみやブログでは、本業、副業、投資をフル活用して年収1000万円稼いだ経験について解説しています。

本業:転職2回で給料300万円アップ
副業:ココナラ+ブログで年収益70万円
投資:毎月30万円投資に積み立て中

※詳しいプロフィールは名前のリンク↑↑をタップ!

かみやをフォローする
副業
かみやブログ
タイトルとURLをコピーしました