ネイティブキャンプ講師を半年やった僕がメリット・デメリット解説

英語

オンライン英会話講師になることを検討しているが。。

ネイティブキャンプの講師ってどうなのかな、、?

英語を使って仕事をしたい方、副業をしたい方は多いのではないでしょうか?

ぼくもその一人でしたが、手軽に始められる英語系の仕事は少ないですよね?

その中で、ぼく自身はこの1年間オンライン英会話講師をやってきました。

講師の最初のキャリアとして、ネイティブキャンプで半年間レッスンしたぼくの経験をもとに、ネイティブキャンプの講師をするメリット&デメリットについて解説していきます。

ネイティブキャンプ講師になる方法は↓の記事からどうぞ!

【現役講師が暴露】ネイティブキャンプ講師になる方法
ネイティブキャンプの講師になる方法が知りたいですか?この記事では、副業として1年ネイティブキャンプ講師を続けたぼくが、講師になる方法と、ネイティブキャンプの内状について赤裸々に解説していきます。英語の副業探してる人は必見です。

それではさっそくいってみよう!




ネイティブキャンプ講師メリット・デメリット

さっそくネイティブキャンプ講師をやるメリット&デメリットについて、解説していきます。

それぞれ以下の通りです。

メリット

  • 教えたい分だけ教えられる
  • 手軽に実績と経験を積める
  • 生徒として無料でレッスンが受けられる

デメリット

  • 給料が安い
  • 生徒とレッスン外で連絡できない

順番に解説していくね!

メリット

教えたい分だけ教えられる

ネイティブキャンプ講師をやるメリットの1つは、新米講師でもレッスンをたくさん教えられる点です。

なぜならネイティブキャンプでは、予約なしでレッスンできる「今すぐレッスン」という仕組みがあるからです。

この機能は、生徒が予約なしでスタンバイ中の講師の中から選んでさくっとレッスンするというものです。

生徒側
1. ネイティブキャンプにログインする
2. スタンバイ中の講師から選ぶ
3. レッスンが始まる

講師側
1. ネイティブキャンプにログインしてスタンバイする
2. 生徒に選ばれる
3. レッスンが始まる

「でも選ばれなかったらずっとレッスンできないじゃん」

と思うかもですが、5分以内で選ばれます。

その理由は以下の通りです。

  • ネイティブキャンプは生徒数>講師数だから
  • 日本人講師は人気だから

生徒さんに聞きましたが、「日本人講師は取り合い」だそうです(笑)

実際ほとんどの場合スタンバイして10秒ぐらいでレッスンが始まりました。

実績と経験を積める

ネイティブキャンプは「今すぐレッスン」で教えたい分だけ教えられるので、実績をどんどん積むことができます。

ぼくの場合はネイティブキャンプでの講師を半年で100レッスンぐらい重ね、その実績を持ってフリーランスの講師になりました。

「ネイティブキャンプで日本人講師が人気ならフリーランスでも稼げるはず」だと思ったからです。

結果うまくいき、時給換算でネイティブキャンプの4倍になりました。

以下の記事で稼げるようになった経緯を解説しています。

副業でオンライン英会話講師はぶっちゃけ稼げるのか?
副業でオンライン英会話講師がどれぐらい稼げるのか知りたいですか?この記事では、1年間オンライン英会話講師をやってきたぼく自身の経験をもとに、オンライン英会話講師で稼ぐ方法を解説します。英語で副業したい方は必見です。

フリーランスになって変わったこと

  • 時給が4倍になった
  • 長期でレッスンする生徒が増えた

そうは言っても未経験でフリーランスは難しく、大手スクールのネイティブキャンプでの実績と経験は、かなり生かされました。

ネイティブキャンプで講師歴あり。とプロフィールに書くだけでぜんぜん違います。

生徒として無料でレッスンが受けられる

ネイティブキャンプ講師の特典として、「生徒として無料でレッスンが受けられる」というメリットがあります。

ただし、2週間で10レッスン以上教えることがこの特典を使える条件になっています。

以前はたしか2週間で1レッスン以上だったのでだいぶ厳しくなりました。。

なので、2週間10レッスンという条件を満たせば、世界中の講師と無料で話し放題というメリットを享受できるのです。

生徒としてレッスンを受けて「おれ講師もやってるんだ」と言えば話はとっても盛り上がりますよ!

デメリット

給料が圧倒的に安い

ネイティブキャンプの最大のデメリットは「給料が安い」ということです。

以下が給料の換算レートなのですが、NCC(Native Camp Coin)というものに換算されています。

Sudden Lesson(今すぐレッスン)だと、1NCC=0.02084ドルなので、

  • 今すぐレッスン(25分1回)→2.6ドル(300円ぐらい)
  • 予約レッスン(25分1回)→7.3ドル(800円ぐらい)

ということになります。

レッスン外で生徒と連絡が取れない

ネイティブキャンプでは、レッスン中以外で生徒とコミュニケーションを取る方法がありません。

今すぐレッスンであればそこまで困ることはないのですが、もしレッスンが予約されたらものすごく困ります。

理由は以下の通りです。

  • 急用ができても時間変更を提案できない
  • キャンセルになった時に謝ることができない

英会話レッスンって英語を教えるだけじゃなくて信頼関係で成り立っている部分も多く、信頼関係を形成する上でコミュニケーションができないのは大きなデメリットです。

レッスン直前に腹痛になっても「ごめん、すぐ行くから!」と連絡することもできない、、

また、レッスンがキャンセルになると罰金を払う必要があります。

 

以下がキャンセルした場合の罰金の表です。

レッスン開始前1時間以内のキャンセルで、約800円の罰金が取られます。

ただでさえ給料が低いのに、罰金まで取られるとお金がぜんぜん貯まりません。。

しかも1分でも遅れると自動キャンセルになるというシビアな設定

なので、ネイティブキャンプはあまり講師に対してフレンドリーではない印象でした。




まとめ

ここまでで、ネイティブキャンプ講師のメリット・デメリットについて解説してきました。

結論としては、長くやるのはおすすめしないが、英会話講師としてのファーストステップとしては利用する価値があると思います。

その理由は以下の通りです。

  • 採用のハードルが圧倒的に低い
  • 手軽に多くの実績を積める
  • しかし給料が低く、生徒と信頼関係を持つことが難しい

なので、ぼくのおすすめはネイティブキャンプで十分に実績を作ったら、早々にフリーランス講師に切り替えるということです。

レッスン単価も圧倒的に上がるし、生徒と良い関係を築けるので仕事の満足度も上がります。

ぜひ挑戦してみてください!

 

この記事を書いた人
KOKI

大手コンサルファームで働く31歳。
経歴:新卒で日系大手インフラ6年勤務→ITベンチャーに転職して3ヶ月で退職→2021年夏からコンサルファーム。
過去の自分に向けて就職・転職・副業のアドバイスを発信します!
※詳しいプロフィールは名前のリンク↑↑をタップ!

KOKIをフォローする
英語
KOKI BLOG
タイトルとURLをコピーしました