【レビュー】QQEnglishを使ったら講師の質がすごすぎた

英語の勉強

オンライン英会話はじめてみたいんだよな、、

QQEnglishって有名だけど実際どうなのかな、、??

英語力向上のためにオンライン英会話サービスを使う人が増えてきましたが、どこのスクールを使えばいいかわからないですよね?

今回は、主要スクールの1つであるQQEnglishについて、ぼく自身が無料レッスンを受けた経験をもとに、わかりやすく解説していきます。

それではさっそくいってみよう!

QQEnglish基本情報

会社概要

サービス名QQEnglish
URLhttps://www.qqeng.com/
運営会社株式会社QQEnglish
本社住所東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル6F
設立昭和62年5月18日
資本金1億円

基本情報

レッスン時間1回25分(回数無制限)
受講可能時間24時間
講師の国籍フィリピン人
講師の人数1,300人
生徒の国籍日本人
月額料金<月会費プラン>

・月4回キッズコース(200ポイント):1,980円 

・月8回コース(400ポイント):3,685

・月16回コース(800ポイント):6,680

・月30回コース(1,500ポイント):9,680

ビデオツール独自ツール
無料体験レッスン2回(無料レッスンはこちら)
カランメソッドあり
ビジネスコースあり

料金比較

・スクール別の最安コース比較

レアジョブDMM英会話QQ Englishネイティブキャンプ
4,200円(月8回)6,480円(1日1回)3,685円(月8回)6,480円(無制限)

・毎日コース比較

レアジョブDMM英会話QQ Englishネイティブキャンプ
5,800円(1日1回)6,480円(1日1回)9,680円(1日1回)6,480円(無制限)

毎日レッスンを選ぶとQQEnglishは割高になりますが、月8回コースだと安くなるのが特徴です。

\無料レッスン2回分が体験できます/

QQEnglishの特徴

ここからはQQEnglishの特徴について、強みと弱みに分けて解説していきます。

QQEnglishの強み

  • 講師全員にTESOL取得を義務付け
  • 月8回コースがある
  • レッスン中の電波が良好

QQEnglishの弱み

  • 毎日レッスンの料金がお高め
  • 講師が全員フィリピン人

順番に解説していきます!

QQEnglishの強み

講師全員にTESOL取得を義務付け

QQEnglishの一番の強みは、講師のクオリティが非常に高いという点です。

なぜならQQEnglishでは講師全員にTESOLの取得を義務づけているためです。

TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する国際的な資格です。

TESOL取得は簡単じゃないので、全員に義務づけるのはすごいことです。

各スクールの育成方針

レアジョブDMM英会話QQ Englishネイティブキャンプ
TESOL取得推奨動画での研修TESOL取得義務動画での研修

 

他スクールと比較してもTESOL取得を義務づけているところはQQEnglishだけになります。

育成にかなり力を入れていることからも、講師のクオリティが高い理由になっています。

月8回コースがある

ほとんどの主要スクールで提供されているコースは毎日レッスンが基本になっていますが、QQEnglishには月8回コースがあり、月額がかなりおトクになっています。

スクール別の最安コース比較

レアジョブDMM英会話QQ Englishネイティブキャンプ
4,200円(月8回)6,480円(1日1回)3,685円(月8回)6,480円(無制限)

月8回コースはレアジョブでも提供されていますが、QQEnglishの方が割安になっています。

なので、以下のような人にはおすすめできます。

  • 忙しくて毎日レッスンは難しい人
  • オンライン英会話を様子見で始めたい人
  • とりあえず料金を抑えたい人

最初から毎日レッスンはハードル高いですからね。

レッスン中の電波が良好

オンライン英会話でよくあるのが、電波が悪くてコミュニケーションが取りづらいというトラブルです。

英会話なので、そもそもうまく聞き取れないのに電波も悪いとかなりのストレスになります。

QQEnglishのレッスンは電波がいつも良好です。

その理由は、QQEnglishの講師は全員オフィスに勤務してレッスンをしているからです。

各スクール講師の勤務場所比較

レアジョブDMM英会話QQ Englishネイティブキャンプ
在宅あり在宅のみオフィスのみ在宅のみ

フィリピンはまだネット環境が安定してないから、オフィスと家の回線がぜんぜん違うんだよ

QQEnglishの弱み

毎日レッスンの料金がお高め

QQEnglishは月8回コースだとおトクなのですが、毎日レッスンしたい場合は高めの価格設定になっています。

毎日コースの料金比較

レアジョブDMM英会話QQ Englishネイティブキャンプ
5,800円(1日1回)6,480円(1日1回)9,680円(1日1回)6,480円(無制限)

他のスクールと比較しても割高になっています。

講師の質の高さ、講師全員がオフィス勤務という点を踏まえると高価格は理解できますが、値段重視の方にはあまりおすすめできません。

講師が全員フィリピン人

QQEnglishの講師は100%フィリピン人です。

講師をしっかり育成したいという点、全員オフィス勤務にこだわる点で、全員フィリピン在住にしているという背景があります。

なので、以下のような方にはおすすめできません。

  • 色んな国の人と話してみたい
  • 英語だけじゃなく国際文化や歴史も学びたい
  • 色んな英語の発音やアクセントに触れたい

↑のような方は、講師が多国籍のネイティブキャンプをおすすめします。

ネイティブキャンプの生徒も講師もやった僕が辛口レビュー
オンライン英会話、ネイティブキャンプの内状が知りたいですか?この記事では、ネイティブキャンプで講師と生徒の両方を経験したぼくが、ネイティブキャンプの強み&弱み、実際に使ってみた感想を解説しています。英会話を始めたい方は必見です。

QQEnglishはプロフェッショナルからきっちり学びたい人向けですね

QQEnglishを使った感想:レベルチェックだけでもOK

無料体験レッスンでレベルチェックを受けることができます。

レベルチェックは、講師と会話してその会話レベルを10段階で評価してもらえます。

クオリティの高い講師からレベルチェックをしてもらい、その後自分のレベルに合ったテキストを提案してくれるのです。

有料会員にならなくても、レベルチェックだけしてもらうことで自分の立ち位置がわかるので、それだけでも十分に価値があると思いました。

レベルチェックをもとに提案された学習プランを見て有料会員になるかどうか決めればOK!

まとめ:初級〜中級者におすすめ

ここまでQQEnglishについて、基本情報と特徴(強み&弱み)を解説してきました。

まとめるとQQEnglishは以下のような人におすすめです。

  • 忙しくて毎日レッスンはできない人
  • 月額料金を抑えたい人
  • プロフェッショナルな講師から学びたい人
  • 英語を体系的にじっくり学びたい人

まずは、無料体験をやってから決めればいいと思います。

無料体験を色んなスクールで何回もやると、それだけでけっこう英語力は向上します。

\無料レッスン2回分が体験できます/

まずは最初の一歩を踏み出しましょう!

タイトルとURLをコピーしました